• ハプニングがあっても

    Posted on 2月 27th, 2017 admin No comments

    今日はアカデミー賞の授賞式があり日本でもライブでその模様を観ることができました。作品賞の授賞式でウォーレン・ビューティーが封筒を開けすぐに発表せず、何回か間を置き「La La Land」と発表、関係者が壇上に上がり受賞のスピーチを始めたところ、封筒を渡し間違えたことが発覚しました。 作品賞受賞は「Moon Light」と訂正発表があり大きなハプニングとなりました。 スピーチ修了後に、そしてすぐに司会者がこれは私の責任だと弁明しライブ中継は終りましたが、スタッフが間違えて回収済みの主演女優賞の封筒を間違えて渡したことがその原因だったようです。

    責任を明確にする姿勢に関心しましたが、「La La Land」関係者は驚き落胆したことでしょう。 ただ、監督賞、主演女優賞、美術賞、撮影賞、歌曲賞を受賞しています。 ハリウッドを舞台とした夢物語のミュージカル作品で初日から多くの観客を集めている作品です。 ミュージカルをたくさん観ている方には物足りない映画かもしれませんが、作品としては優れた映画だと思います。

    注) 何事にもあいまいな日本と比べて、責任を明らかにする姿勢を見習うべきだと思い記事にしました。

    スポンサリンク


    Comments are closed.