• 日本食品の撤去騒動

    食の安心・安全という観点で「豊洲市場」への移転問題が議論されているようですが、お隣中国では日本からの輸入食品の安全性の問題が騒動になっているようです。

    事の発端は、先週3/15の消費者保護番組で取り上げられた輸入禁止食品が流通していると取り上げられたことです。中国では原発事故以降は10都県の食品を全面輸入禁止措置をとっています。

    番組放送後、イオンやセブンイレブンから日本食品の撤去が行われているようです。 日本の報道では日本を擁護しがちな内容が多かったので少し解説したいと思います。 昨年12/8の「上海のお母さんたち」で書かせていただきていますように、中国のお母さんたちの消費者団体により日本からの輸入食品が放射能汚染の可能性があるとして、反対運動を行っています。3/15の番組はこのような背景もあって、一部輸入禁止の食品が偽装されて並んでいるのではというものです。中には産地と本社所在地を混同してというものもありそうですが、本質は日本での産地表示の上に輸入業者のラベルが貼られているので消費者が産地を確認しにくいということです。

    この番組では数年前にファーストフード向けのチキンが清潔に製造されていないことを取り上げた番組で、日本向けは別製造ラインだったにもかかわらずになり売り上げが落ちたという経緯もあります。

    なお、今回の問題について上海に住んでいる邦人に確認してみましたが、上海のセブンイレブンではそう問題にはなっていないようだと返信がありました。

    スポンサーリンク
    【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!

  • Premium Mcb いいようです

    筆者の知り合いが大腸がんになったり、心臓の病気で手術したり、突発性難聴になったり、あるいは糖尿病になったりと深刻な状況となっています。 皆さん40代、50代ですので若いといえば若いのですが、今後とも心配は絶えません。

    そういえば筆者も2012年6月頃 頭痛、首筋の痛み と 手足の痺れにみまわれました。 病院にいきMRでの骨髄検査ましたが原因不明で、血液検査に甲状腺値の測定も追加してもらいました。

    筆者は2011年秋以降毎日Mcb-iというサプリメントを飲んでいたのですが、それは抗酸化作用が強いことをデータが示していたからです。そのかいあってかその後異常はなくなり今日に至っています。 開発元の会社によると小腸の働きが活性化することが健康にいいそうですが、筆者の経験では抗酸化作用で被ばくにも効果があるのではというのが感想です。

    そこでそのサプリメントを扱っているシナプス・ジャパンとのコラボで「個人による販売店」を期間限定で募集します。 お知り合いににも個人で販売いただくことをお勧めしますが、ご自身やご家族も飲んでいただくことができます。 Premium Mcbはひと箱9,950円しますが、販売店になっていただくことでロットで販売店価格で購入いただけます。

    ご関心ある方はメール(info@synapsejapan.net)で”Mcb販売店”でお問合せ下さい。 (募集は5組のみ 3/24(金)までの期間限定ですのでお早めに)

  • 放射性物質検査済みの九州壱岐のお米

    福島原発事故から早や7年目になろうとしていますが、政府による原子力緊急事態宣言は解除されないまま続いています。 日頃から食べ物に気を付けて内部被ばくを避けている方々とそうでない方々の差はあるのでしょうか?

    毎日食べるお米については細心の注意を払っている方々は多いようですが、当サイトのスポンサーによりますと放射性物質検査済みの九州壱岐のお米「こしひかり」の下半期(3月-8月)の枠が3名だけ空いているとのことです。

    3月15日からの出荷にあわせて3月9日(木)まで募集中ですの、ご希望の方は下記よりお申し込みください。

    壱岐のお米「こしひかり」