• ハプニングがあっても

    今日はアカデミー賞の授賞式があり日本でもライブでその模様を観ることができました。作品賞の授賞式でウォーレン・ビューティーが封筒を開けすぐに発表せず、何回か間を置き「La La Land」と発表、関係者が壇上に上がり受賞のスピーチを始めたところ、封筒を渡し間違えたことが発覚しました。 作品賞受賞は「Moon Light」と訂正発表があり大きなハプニングとなりました。 スピーチ修了後に、そしてすぐに司会者がこれは私の責任だと弁明しライブ中継は終りましたが、スタッフが間違えて回収済みの主演女優賞の封筒を間違えて渡したことがその原因だったようです。

    責任を明確にする姿勢に関心しましたが、「La La Land」関係者は驚き落胆したことでしょう。 ただ、監督賞、主演女優賞、美術賞、撮影賞、歌曲賞を受賞しています。 ハリウッドを舞台とした夢物語のミュージカル作品で初日から多くの観客を集めている作品です。 ミュージカルをたくさん観ている方には物足りない映画かもしれませんが、作品としては優れた映画だと思います。

    注) 何事にもあいまいな日本と比べて、責任を明らかにする姿勢を見習うべきだと思い記事にしました。

    スポンサリンク


  • 不思議な国 日本?

    よく火葬場がいっぱいで5日から10日待たないといけないとテレビなどで報道されています。昨年10月にはテレビ東京系列のWBSで、数日前にはテレビ朝日系列のテレビタックルでも特集されています。 数日から10日も待たされるので専用ホテルまで登場したというから驚きです。

    いつのまにか多死社会到来と報じられていますが、本当にそうなんでしょうか? 1947年から1949年まで生まれた団塊世代は、まだ67歳から69歳とほぼ準現役世代と言え、そのようなことはまだ先々の話になります。

    厚生労働省の人口動態統計データをみるかぎり、亡くなる方が特に増加しているのは80才以上の方々です。

    なお、大阪などの関西圏で火葬場を待たないといけないという話はほとんど聞いたことはありませんので、関東などでの特徴のようです。

    スポンサーリンク


  • 「知らぬが仏」では済まされぬ

    中国駐日大使館は2/12に在日中国人や訪日予定の国民向けに注意を呼び掛けています。いわゆる「日本への渡航注意」です。 背景にあるのは、福島第一原発2号炉の格納容器内で高い放射線水量を推定したという今月初旬の日本の報道を受けたものです。

    日本国民はそんなこと知る由もなく日常生活を続けていますが、海外の目は厳しいようです。中国外交部の定例記者会見でもコメントをだしています。 日本への渡航注意ということは、渡航する際には福島第一原発の現状を認識したうえで行動するようにということらしく日本には厳しい目が向けられています。

    日本には「知らぬが仏」という諺がありますが、中国にはそういう諺はないようです。

    スポンサーリンク


  • マヨネーズ買う場合にも

    マヨネーズを買おうとスーパーで手に取って見ていたのですが、A社の卵は特定の産地産だと明記してあったことです。

    具体的には卵産地は、愛知県、岐阜県、三重県、新潟県、京都府、岡山県、広島県の5府県だということです。

    卵の産地全国順位は 茨城県、千葉県、鹿児島県がベスト3でこの3県で約21%をしめています。 ちなみに、愛知県 4.6%、岐阜県 2.8%、三重県 3.3%、新潟県 4.4%、京都府 1.1%、岡山県 5.0%、広島県 5.3%です。 製造工場が三重県にあるために5府県になっているようですが、関東や南東北ははいってないようです。

    なお、ケチャップを買う場合はマヨネーズより難しいと感じてます、読者の皆様はいかがでしょうか?

    注) 2014年のシェア・順位

    スポンサーリンク


  • トランス脂肪酸ゼロの食パン

    今日はトランス脂肪酸の話題をひとつあげてみたいと思います。

    パン業界にはアメリカのトランス脂肪酸規制決定の影響か、乳化剤を使用していないことを表記した食パンが数多く店頭に並ぶようになっています。しかしながら、マーガーリンを使用しているなどトランス脂肪酸ゼロとはいかないのが実態です。これらは消費者が柔らかいパンを志向していること また、菓子パンでは乳化剤を使用せざるえないことなどがあると考えられます。

    そんな中、イオンが販売するTOP VALUE グリーンアイの食パン「パン・ド・ミ」は、オリーブオイルを使用することでマーガリン、乳化剤未使用をうたっています。 つまり、トランス脂肪酸ゼロの食パンを実現したわけです。 イオンやイオン系列のスーパーで販売しているますが、トランス脂肪酸に注意を傾けるような宣伝はしていないため静かなブームになるかもしれません。

    (写真はパン・ド・ミ)

     

     

     

     

     

     

    スポンサーリンク


  • 都内の放射線測定(1月)

    不定期で実施しています 放射線測定を1月に東京都内 各地で行いました。

    自然放射性物質の値も含んでいますので、値の絶対値ではなく相対的な見方をしていただくといいと思います。比較的 高い場所は 東京駅 や 後楽園 と なっていますが、東京駅は屋外 丸の内 北口付近ですので朝夕は通勤客で人通りが多いところですが緑が多い皇居が近くにあることが影響しているのかもしれません。 また、小石川後楽園は日本庭園で緑が多い場所です。また、予想に反して秋葉原の値が低かったことは興味深い結果でした。 (測定器はRADIXを使用)

    場所 最高値 最低値 測定箇所
    日比谷 0.12 0.09 室内
    東京駅 0.16 0.14 野外(丸の内北口)
    自由が丘 0.11 0.1 室内
    飯田橋 0.11 0.09 屋外(駅ホーム)
    東中野 0.11 0.08 電車内
    後楽園 0.15 0.12 屋内(小石川後楽園)
    秋葉原 0.07 0.02 駅ホーム
    羽田 0.1 0.07 室内(第二ターミナル)
    μSV/h

    注) 2/4  飯田橋の値を修正

    スポンサーリンク