• 私たちは ”聞く耳持たず” なのかもです

    2020年開催予定の東京でのオリンピックでは開催費用の増大で開催地の一部見直しの話題で持ちきりのようです。

    しかしながら、日本のメディアではアスリート・ファーストの観点では本当のことは報道できないようです。読者の方々はご存じのガンダーセン博士は東京の粉塵にはまだ放射性物質を含んでいることを指摘しています。そのため、オリンピックのため来日する関係者や選手たちは空気中の粉塵を吸入してしまうことを危険視しています。

    もちろん、現在居住している方々にも同様のことが言えますが、日本では何ら問題はないということになっているようです。 特に長期にわたり子どもたちへの影響は心配されます。

    現在、視聴回数が2391回と少ないのですが、専門家によりビデオがありますので視聴いただければ幸いです。(英語字幕あり)

  • 今日の出来事

    今日の昼間 ある病院へ放射性物質による被ばくの影響をみるための血液検査はできますかと電話してみました。 看護師さんから担当の医師につないでいただき、その医師から丁寧に専門分野ではないのでみることはできませんとお話いただきました。

    数年前に お付き合いのがある医師に血液検査の際に、甲状腺の状態をみるための値を追加してもらったことがありますが、その医師とはお付き合いも長く目と目で合図ができる関係でしたので追加してくれたみたいです。

     

  • 低カリウム症

    低カリウム症という病気をご存じでしょうか?

    人の体にはカリウムが必要で、特に血液中にカリウムが不足してしまうと 脱力感がでたり、筋肉に痛みがでるものです。 バナナなどカリウムを多く含む食べ物を取っていれば防げるようです。 ただし、セシウムを取ってしまうと体の中でカリウムとセシウムを間違えて血液中のカリウムが不足してますようです。 普段 一般の方はこのような病気については気にする必用もないわけですが、読者の方々にも気になる方はいらっしゃると思います。

    今日のニュース(テレビ朝日)では、この低カリウム症の症状について詳しく説明していましたので、逆に一般的になってきたのかもしれません。 もちろん、番組ではその原因について触れることはありませんでした。