• (先行版)汚染されていた長野県産レタス

    レタスの産地といえば、長野県、茨城県、群馬県 の3県で55%を占めます。 この3県に続くのが兵庫県(5.5%)、長崎県(4.8%)、香川県(3.8%)と続いています。 長野県産レタスについては影響が大きいので過去 実測値を公表せずにいたのですが、この度 非公開で掲載させていただくことにしました。

    大人はいいとしてもお子さまにはどうなんでしょうね。(以下 本文へ)

  • 保護中: (先行版)汚染されていた長野県産レタス(本文)

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • お知らせ

    昨日からすでにお申込みをいただいておりますが、今後の閲覧の仕方について説明させていただきます。

    11月からは有料にて会員のみへ下記のようにパスワード入力画面からパスワードを入力していただくことで閲覧ができるようにさせていただきます。 今後は具体的にまた主観もいれた従来より鋭い記事にしていきたいと思います。

    ——————————————————————————————————————-

    テーマ名

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

     

    ——————————————————————————————————————-

     ☆氏名・ふりがな・メールアドレス 必須の上 「定期閲覧希望」と明記のうえお申込みください。 追って、ご案内のメールをさしあげます。

    閲覧お申込み

     

     

     

  • お知らせ

     ☆お知らせ☆

     食物連鎖.com は、11月より有料サイトでスタートさせていただきます。 これまでの内容をさらに突っ込んで伏せていた名称などは実名を明記していきます。 そのため一般公開サイトを改め、本質に迫っていきたいと考えています。

     ただし、閲覧料として月額324円(2.7USドル)をお支払いただいた方のみとさせていただきます。 サイトの維持費用が主な目的ですので、閲覧料は低額でご負担はかからないようにさせていただいていますのでご理解ください。(お支払はクレジットカード決済にて半年分をお支払い)

     氏名・ふりがな・メールアドレス 必須の上 「定期閲覧希望」と明記のうえお申込みください。 追って、ご案内のメールをさしあげます。

    閲覧お申込み

    11月からは、下記のような疑問にも非公開にて具体的に明らかにしたいと思います。

    –  ストロンチウム90は出回っている食品に含まれているのか?

    – 感染症が増加していることが当たり前に報じられているのは何故か?

    -なぜ日本人は汚染されているとわかっている食品を口にしているのか?

    -関西に出回っている北関東産米!

    閲覧お申込み

  • 国産志向とは

    数日前の日経新聞(10/19付)によりますと国産小麦の価格が値上がりしそうだということです。

    その理由は、国産志向の高まりがあるとしています。 敷島製パンが国産小麦使用のパンを販売したり、ミニストップが国産小麦仕様のドーナツを販売したりしていますが、どちらかというとメーカーなどが他社との差別化のために国産小麦仕様をうたっているようです。 国産小麦の約6割は北海道産になりますが、他4割はは北海道以外です。

    消費者にもよるでしょうが、筆者はカナダ産小麦の方がいいと思っています。

     

  • とうもろこしでは

    とうもろこし といえば北海道のイメージがありますね。

    とうもろこしの検査は、福島産 や 群馬産,、千葉産、 茨城産、栃木産など広い地域で実施されています。

    その他、埼玉、新潟、宮城、山梨、長野、岩手、神奈川、青森、北海道、東京都、愛知でもおこなわれています。 原発事項以降で実測値はでているのでしょうか?

    今年 1月栃木県塩谷市産で8.1Bq/Kgの実測値がでているのが意外ですが、2011年以降で実測値は3件目で最高値となっています。

  • FUKUSHIMA Contamination(福島の汚染)

    下記ビデオは最近10月にカリフォルニアで行われた ティム・マシュー博士による講演です。 その内容はチェリノブイリと福島の原発事故が与える生態系への影響を調べて警告しています。

    子どもたちへ対する癌から始まり、また、鳥や昆虫へ与えている影響を調査した結果を報告しています。 福島の事例では、奇形化した植物や斑点が表れた牛、奇形と思われる蝶などが紹介されます。

    鳥や昆虫などはその生態サイクルが人間よりも短いため比較的早く影響がでていて、今後 人への影響も広がっていくことが心配されます。博士は自分たちは政府機関や原子力関連に関係していないグループで、本格的な調査が必用なことも訴えています。

    全て英語ですが、事例の写真やビデオが紹介されていますのでぜひご覧ください。

    (ソース:EON3.net)

  • ジャガイモ君

    現在 全米で公開されている映画「オデッセイ(原題 The Martian)では、火星に取り残された主人公が2年間 生活し救出を待つ姿が描かれています。 主人公は火星で生きるためにジャガイモを栽培しますが、なるほどと思いました。

    ジャガイモは、比較的 水、土、肥料 と 日光があれば育つからです。 葉物は害虫がついたりで毎日見てあげないといけませんが、ジャガモはほっておいても大丈夫です。

    さて、ジャガイモって放射性物質汚染はどうなっているのと思いましたら、今年は1件実測値がでていました。 6月に採取された茨城産のジャガイモからセシウム134/137合計値 1.3Bq/kgとなっています。

    原発事故以降の最高値は福島県二本松市産で42Bq/kg(2012年6月)、その他 栃木県日光市産、矢板市産、那須町産、群馬県川場村産、宮城県栗原市産などで実測値がでています。

    映画では、主人公(マット・デイモン)がジャガイモを美味しそうに食べていました。

  • 誰にもわかりません

    小田原にてコンビニでの駐車位置でトラブルになって殺人まで至ったり、千葉では喧嘩になり高校生が傘でさされたり、都内では警官に注意された運転手が警官をひいたりした事件を何かおかしいと特集している番組がありました。

    番組では突然切れる パーソナル障害 だと話題にしていました。

    筆者が思うにはチェリノブイリ事故以降 ウクライナなどで目立った人間が暴力的になるケースが増えたということです。 日本のケースがこのケースと同様かはわかりませんが、現在では脳障害の一部として知られています。

    放射性物質による影響は、ブラブラ病、手足の痺れ、ねむり病などもありますが、普通の人が行動に抑制がきかなくなるというのもあるようです。

    日本でも何かが起きているのかも知れませんが、日本では脳の状態を調べることはありませんのでそれは誰にもわかりません。

     

  • 新米の季節です

    秋となり各地の新米がスーパーや百貨店に並ぶようになってきました。

    読者の皆さんは銘柄選びには慎重になられているかと思います。 各地のお米にどのくらいの放射性物質が含まれているかは調べないことにはわかりません。

    自治体の検査は1Bq/kg検出限界値ではなく、3-6Bq/kg程度で実施されているのが現状です。 つまり、そのくらいであれば食べてもいいだろうというあいまいな考え方があるようです。あるいは、何も知らずに口にしているかもしれません。

    栃木県が実施したモニタリング検査では、日光市産で13Bg/kg、7.9Bq/kgなど、那須市産で3.9Bq/kgなどの実測値がでています。実測値を公表されている栃木県には来年以降も継続していただければと思います。 宮城県や群馬県も栃木県の姿勢を見習ってほしいものです。