• クアラルンプールより(Ⅲ)

     現地 保険のエージェントに健康保険について話を聞きました。 日本で入院歴がなければAIGなどのキャッシュレスカードがついた保険にはいれますが、過去 病気で入院した方は 日本の海外旅行保険の方がいいそうです。

     マレーシアでは、風邪で病院に行く方は少ないようですが、国の医療援助があるので公立の病院にかかるのは少額ですむとのことです。 日本語を話す看護士がいる私立 病院の場合ですと、医療保険にはいっておく必要があるとのことです。

  • クアラルンプールより(Ⅱ)

     クアラルンプール市内もしくは郊外に住んだ場合 生活費はどのくらいかかるのでしょう。

    家賃はさまざまですが、3ベッドルーム(3LDK)で70,000-90,000円 (もっと高いところもあれば安いところもあります)で、プール、ジム付きのコンドミニアムです。 地元の方々は物価があがったとおっしゃていますが、学費は除いて日本円で300,000円/月あれば普通に家族で暮せそうです。

    市内はここ数年で急激に変化し、ショッピングモールがあちこにでき日本と変わらないザラ、H&M

    ,ユニクロ、伊勢丹、ジャスコなどもあります。 

  • クアラルンプールより

     仕事でマレーシア クアラルンプールに来ています。 現地のエージェントの方にお子様連れ母子留学について聞いてみました。

     お父さんは日本で働き お母さまとお子様がクアラルンプールのインターナショナルスクールへ入るというケースが多いようです。 インターナショナルスクールでは、英語・中国語・マレー語を使いますが、グローバルな感覚を身につけるという点がいいのはいうまでもありません。 ただ、家族が離れて暮らすことについて筆者は必ずしもいいとは思えません。

     また、小学校は日本人学校がいいという現地の方もいらっしゃいますが、日本からの駐在員のお子様がほとんどのようです。

     表向き 原発からの避難とおっしゃっている方々は少ないようですが、シニア層以外の方々がクアラルンプールへ移られる方々が増えているのは事実です。

  • 進まないトランス脂肪酸の規制

     欧米では程度の差はありますがトランス脂肪酸の規制が進んでいますが、日本では平均値が1%以下ということで現状維持となているようです。 

     昨年 食品安全委員会がおこなったパブリックコメントでは、わずか17件です。 関心が低いことがあるようですが、マーガリン、食用油、ファーストフードで使用されているトランス脂肪酸は 健康に影響があると指摘している国もあるのが事実です。

     ファーストフードの食べ物を多く食べる方々は1%以上でトランス脂肪酸を摂取する可能性がありますのでご注意ください。

  • 遺伝子組み換え大豆

      ”チョウ目害虫抵抗性” を付与した遺伝子組み換え大豆について安全性の評価が進んでいます。  米モンサント社の開発ですが、モンサント社は 種子や遺伝子組み換え作物を取り扱っている世界で大手の会社です。

     大豆のチョウ目害虫とは、シロイチモジマダラメイガ,マメシンクイガ,ハスモンヨトウなどになりますが、農林水産省は飼料に使う立場により、パブリックコメントを募集しています。

     http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=28706&oversea=0

    (EICネット)

  • マレーシアが人気

     先週土曜 11/17 にロングステイフェアが開催されまhしたが、例年と違っているのは シニア層に交じって小さいお子様連れのご夫婦やお母さま方が目立っていることです。

     3.11以降 海外へロングステイ または ロングステイ予定の方々がいらっしゃるようですが、人気のマレーシアにおいて 昨年らい MM2Hのビザ取得者が大幅増加しています。

     2010年 195名

     2011年 423名

     2012年8月まで 550名

    (ロングステイ協会)

    MM2H 取得をご希望の方は、下記へお問合せいただければ概要をご案内いたします。

    (info@shokumotsurensa.com)

  • そろそろ白菜の産地が変わります

       長野産・群馬産などの高原で栽培されている白菜の流通は11月頃で終わります。 今後は 岩手・宮城・茨城・栃木・埼玉・兵庫産が主体となっていきます。 10月に全国各地で流通する長野産白菜を測定した結果をまとめてみました。 

      ちなみに、公表されている実測値では 福島県田村市産はくはいでセシウム 134/137計 11Bq/kg というだけで、他福島、栃木、群馬、新潟産は 測定限界値未満で公表されています。 

    公表日 種類 産地 実施主体 Cs-134 Cs-137
    10/15 ハクサイ 長野県 新潟県 <3.9 <4.6 <8.5
    10/5 ハクサイ 長野県(佐久郡南牧村) 横須賀市
    教育委員会
    <0.68 <0.97 <1.65
    10/3 はくさい 長野県(筑北村) 長野県 <1.6 <1.7 <3.3
    10/5 ハクサイ 長野県 岐阜市 <0.777 <0.830 <1.6
    10/4 ハクサイ 長野県 香川県 <0.6 <0.7 <1.3
    10/4 ハクサイ 長野県 浜松市 <3.7 <4.6 <8.3
                Bq/kg

    (厚生労働省)

  • ちりが原因

      11/9付 毎日新聞(福島版)に 福島県産切干しだいこん 汚染のメカニズムの記事がありましたが、筆者には野菜の問題だけではないのではと思えます。

    記事は屋内干しは問題ないが、屋外や小屋では220-3,421Bq/kgの値で、ちりが原因であるというものです。  

    「屋外や小屋など3カ所で自然乾燥したものは新基準値を超えた。松の木の下220ベクレル▽吹きさらしの屋根の下892ベクレル▽軒下3421ベクレル−−だった。干す場所を高さ2メートル、同1メートル、地面の3カ所で調べると、それぞれ90ベクレル、165ベクレル、892ベクレルと地面に近づくに従って高くなった。  この結果を受け、乾燥場所ごとに飛散するちりを粘着テープで採取して値を調べると、切り干し大根から検出される放射性セシウムの値と相関関係があることが分かった。地面に近づくと放射性セシウムを含むちりがたまりやすく値が高くなると考えられ、県はちりが原因と断定した。」

    (毎日新聞 11/9 福島版より)

  • 大豆 収穫2年目となりました

     昨年の12月以来となりますが年1作の作物 大豆の値をまとめてみました。 まだ、本格的な収穫期ではないのか、公表されていないのかデータは少なく 岩手県と福島県の測定値が公表されています。(下限値未満は除いてあります)

     なお、国産大豆の使用率は全体の5%程度ですが、食品にかぎると20%ほどあります。(農林水産省) また、サラダ油など製油用は輸入品にたよっているようです。

    公表日 品目 産地(都道府県) 旧市町村 実施主体 Cs-134 Cs-137 合計
    10/12 大豆 岩手県北上市 立花村 岩手県 6.80 12.6 19
    10/12 大豆 岩手県北上市 立花村 岩手県 4.69 6.77 11
    10/12 大豆 岩手県北上市 飯豊村 岩手県 < 3.1 10.0 10
    10/12 大豆 岩手県北上市 福岡村 岩手県 10.8 19.8 31
    10/12 大豆 岩手県北上市 稲瀬村 岩手県 3.82 4.72 8.5
    10/12 大豆 岩手県北上市 稲瀬村 岩手県 < 3.3 4.07 4.1
    10/12 大豆 岩手県北上市 藤根村 岩手県 < 3.8 5.23 5.2
                  Bq/kg

    (厚生労働省)

  • 栗の季節なのに

      栗がお好きな方は多いようですが、焼き栗だと中国産が主流となっていますが加工品についてはどこ産が気になるところです。 栗饅頭 、栗ようかん や モンブラン など 栗を使った加工品は多いようです。 栗の場合 2年枝の方が高い数値がでるようで、今年の測定値はみておく必要があります。

     下記は 9-10月の福島県を除く地域の実測値です。(未満表示の数値は除く) 

    公表日 種類 産地   実施主体 Cs-134 Cs-137 合計
    10/10 クリ 宮城県 加美町 宮城県 31
    10/4 クリ 茨城県 6.6 9.5 16.1
    10/1 クリ 栃木県 新潟県 2.8 5.6 8.4
    10/3 クリ 群馬県 安中市 群馬県 3.06 5.36 8.4
    10/3 クリ 群馬県 高山村 群馬県 12 15.8 28
    10/11 クリ 群馬県 川場村 群馬県 3.56 5.83 9.4
    10/11 クリ 群馬県 太田市 群馬県 2.34 3.88 6.2
    10/11 クリ 群馬県 東吾妻町 群馬県 2.7 6.84 9.5
    10/5 クリ 千葉県 鎌ケ谷市 千葉県 19 29.2 48
    10/5 クリ 千葉県 君津市 千葉県 <2.9 3.86 3.9
    10/5 クリ 千葉県 君津市 千葉県 2.43 5.12 7.6
    10/12 クリ 千葉県 長南町 千葉県 3.36 6.67 10
    10/12 クリ 千葉県 長南町 千葉県 <2.7 3.40 3.4
    10/12 クリ 千葉県 長南町 千葉県 <2.2 4.71 4.7
    10/5 クリ 千葉県 睦沢町 千葉県 6.18 10.1 16
    9/18 クリ 神奈川県 相模原市 相模原市 <0.61 1.3 1
    9/21 クリ 東京都 青梅市 農林水産部 <4 5 5
                  Bq/kg

    (厚生労働省)