• 23年度米の作付け

     3月にはいりますと九州をはじめとして米の作付けが始まります。

    農林水産省は今年の作付けに関して方針を昨日2/28公表していますのでコメントさせていただきます。

    500Bq/kg超過地域は制限を設け、100-500Bq/kgの地域は作付けができるというものです。100Bq/kg以下は制限はありません。 産地を守るための措置ですが、消費者がどう判断するかです。

     国が買い付ける方針はでないので、食べたい人は食べる食べたくない人は食べないということしかりません。 気になるのは農家の方でさえ自分の孫には食べさせたくないと言われていることです。

     旧ソ連は国家予算の2割をチェリノブイリ事故の対策にあて、国家崩壊の一要因ともなったということですので原発事故が起きてしまうと被害から立ち上がれないくらい影響が続くとう教訓です。

  • 玄米セシウム除去の記事

     朝日新聞の記事で玄米セシウムは精米して洗えばかなり除去できるという記事が掲載されましたが、当サイトの感想を書かせていただきます。

     ・お子様がいて注意している家庭は、そのことは昨年から周知のことだが、毎日食べる主食であるためセシウムで汚染されているお米は食べさせない。

     ・セシウム137の半減期は30年であるが、安定したバリウムに変化する際にγ線を放出し続ける。 また、内部被ばくはDNAはγ線ではなくα線の影響を受けるのでできるだけ内部被ばくはさけたい。

    下記は参考にはなりますが、お子様には適用できないと思います。

    http://www.asahi.com/science/update/0229/TKY201202290260.html

    (朝日新聞)

  • フリーラディカルとは

     フリーラディカルをご存知の方は少ないようです。 McB-i、アップルペクチン、ビタミンCなどなどの抗酸化サプリメントを摂取している方はよくご存知の言葉かもしれませんが一般的には知れわたっていません。 

     フリーラディカル(またはラディカル)とは、不対分子をもつ原子や分子とありますが、専門家でないとわかりにくい内容かと思われます。 細谷 東大助教授によります、「放射線は、DNAを直接傷つけるときもあれば、細胞内の水から「ラジカル」というものができ、それがDNA損傷を引き起こすこともある」とおっしゃていますが、そのリスクには個人差があるということです。

     下記は動画でわかりやすく解説されていますので関心がある方はご覧ください。

    http://www.youtube.com/watch?v=6lhlamRVi1g&feature=related

    (Youtubeより)

  • 千葉県の検出限界値

     千葉県は農産物の検出限界値を20Bq/kgで測定していましたが、2月にはいり一部の農産物では3.7-5.4Bq/kg限界値で公表するようになています。

      館山市のいちご、栄町のキャベツ、山武市のほうれんそうなどいずれも未検出となっています。 (千葉県)

     ちなみに千葉県市原市の放射性物質セシウム137の月間降下量は12月が18Mbg/km2で、昨年3月の272分の1に減少しています。 

  • 鹿児島の人は知らない?

      先月 鹿児島産かつおぶしからセシウム検出の話題がありましたが、横浜市の学校給食の食材検査によるものでした。 横浜市の子を持つ親は知っていても、現地の人たちは知らないようです。 

     水揚が指宿の九州産でも”かつお”は九州産ではありませんので、太平洋岸の魚類に食物連鎖が広がってきたことの実証となります。 

  • やっぱりでてます”おいもちゃん”

     新潟県の検査は検出限界値 5Bq/kgで県産、県外産の農産物を検査していますが、県外産のさつまいもではセシウムが検出されています。

     実測されることはないようですが、過去のある機関の実測値ではさつまいもには同量のストロンチウム90が含まれていましたのでご注意いただきたく掲載させていただいています。 

    検査日 種類 産地 Cs-134/137
    2/24 さつまいも 茨城県 19
    2/23 さつまいも 茨城県 6.5
          Bq/kg

    (新潟県)

  • 疑わしきは口にせず

     本日 銀座の讃岐うどんの店に入りましたが、目に前に並んでいる野菜のてんぷら類にぎょっとしました。

    野菜てん、ごぼうてん、なすてん、ちくわてんなどに並び しいたけてんも堂々と置いてあるではないですか!

    しいたけは見ただけで汚染されているなと感じましたが、食べている方々も多くびっくり仰天です。

    ちなみに筆者は、カレーうどんで野菜は口にはしていません。 

    なお、シナプスの九州野菜 若干名 募集されていますので希望者はお早めにお申込みくださいとのことです。

    http://www.synapse-water.com/products/list.php?category_id=18

  • なぜ測定しないのでしょうか?

     那覇市で開催予定の青森県十和田市の雪を使ったイベントは、避難者の方々からの開催中止要望もありいったん中止を決めましたが、開催の運びとなったようです。

      放射性物質の測定は15000円前後でできますので測定して判断すべきだと思いますが、風評だというもの正しくありませんし、関東などから沖縄へ避難した方々の気持ちを考えると 測定をして開催 または 開催中止を決めるべきでしょう。 先日の琉球そばの灰からの汚染問題もあり、情緒的に判断すべきではありません。

     http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012022301000912.html (共同通信)

  • トランス脂肪酸 続編

     昨年 トランス脂肪酸の摂取量は平均1g/年間 以下なので健康に与える影響は小さいという「食品安全委員会」の見解がでて、パブリック・コメントの募集も行なわれていましたが今週2/21 正式な見解となりました。

      不妊症の原因ではないかなど健康への影響が疑われ、アメリカでは大手外食チェーンが使用を手控えたり、オランダなどのように全面禁止している国もありますが、さすが 日本では健康に影響はないという見解となりました。

     願わくは、アメリカ並みに「食品へのトランス脂肪酸含有量の表示を義務付けがほしかったところです。

  • 米原子力規制委員会 議事録公開

     3/11 福島原発事故に関する 米 原子力規制委員会(NRC)の議事録公開で各メディアは一斉にその内容を報じていますが、特に目新しいものはないというのが感想です。 メルトダウンの可能性、在日アメリカ人の50マイル(80km)の避難勧告など3/12以降のCNN,ニューヨークタイムスで報じていたものだからです。  

     その中でいい記事をだしているのは本日のWall Strett Journalです。 日本語版がありますのでリンクしました。 

    http://jp.wsj.com/Japan/node_397071