• 問題の本質は有毒物質検出ではないようです(豊洲市場移転問題)

    東京都の豊洲市場からベンゼンなどの有毒物質が検出され騒動になっていますが、この土地がどういう土地であったかを考えれば驚くには値しないようです。

    専門家によれば、東京ガスがメタンガスを採取していたところで、メタンガスは高圧下では水に溶けているため製造過程でベンゼンなどの物質が生成されていたのです。 これらの物資を地下に廃棄していたために、ベンゼン、シアン、ヒ素が地下水に含まれていても想定外のことではないそうです。

    問題は、関係者は危険性を知っているこのような土地に食の台所である築地市場の移転を決めたのかにあります。

    今後の解決策ですが、1) 危険性を理解したうえで豊洲移転を決定する。 2)豊洲移転は白紙に戻し、築地市場のままにする。 3)豊洲移転は白紙に戻し、代替地を検討する。 などが考えられます。

    いずれにしましても、経済的合理性だけでは移転も進められませんが、現時点 移転延期の状態となています。
     
    スポンサーリンク


  • まだお正月なんですが………

    今日1/7は北松戸駅で運転士の眠気から電車がオーバーラン、目黒の山手通りでは車が暴走し6台に衝突と おや?思うことが起きました。 電車の運転士は眠気を感じてしまった、車の運転手はもうろうとしていたと証言があります。
     以前もお伝えしていますように動脈硬化によって突然の眠気や意識を失うことがわかっています(ガテンで特集)が、今回はどうなんでしょうか。 これ以上報道されることはないと思いますが自分が気を付けていても、暴走した車の被害にあってしまうなどの注意を払っておく必要があるようです。

     筆者が知っているかぎりわかっているのは、チェリノブイリ事故後のウクライナ共和国でこのような自動車事故が多発したということです。

    スポンサーリンク


     

  • 新年のご挨拶

    新年あけましておめでとうございます。

    今年は東日本大震災から7年目、また、昨年はその余震と思われる地震も発生しています。 大地震の対策にも気をつけていきましょう。

    なお。昨年12月には横浜市の検査で群馬県製造(福島産生乳?)の牛乳から1.3Bq/Kgのセシウム137の実測値が確認されています。 原因として考えられるのは、農林水産省の指導にもかかわらず乳牛に放置中のわらを餌として与えたか、餌そのものに放射性物質が含まれていたかが考えられます。

    読者の方々は食品・飲料水の選択には細心の注意を払われているかと思いますが、今年から当サイトが推薦する食品・飲用水・浄水器などをご紹介していく予定です。

  • 海中、海洋土の放射性物質

    海上保安庁が1980年以降実施している、日本近海および海底土の放射性物質の測定結果というのがあります。

    全般にいえるのは、日本近海の海中のセシウム137は2012年以降低下していて、一方、海底土のセシウム137は2011年以降は高止まりしていることです。

    また、仙台沖の海中のセシウム137(2015年330bg/kg)は対地域より高く、セシウム134も実測値82bg/kg(2015年)が確認できることから放射性物質の漏洩が続いていることがわかります。このセシウム134ですが、東京湾や新潟沖でもそれぞれ3.5bq/kg,0·6bq/kgと実測値が確認できます。

    もともと米中ソの大気圏での原爆や水爆実験で汚染されている海洋ですが、福島原発事故の影響もデータに表れています。今後、ストロンチウム90についても見ていきたいと思っています。

    日本では海上保安庁からこのような客観的なデータが公開されていますが、ほとんど話題にはならないようです。

  • 保護中: 風土病なのでしょうか

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • 保護中: 地震震源を冷静に調べてみるとわかってくることがあります

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • 保護中: 気をつけてますか飲用水

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • 保護中: 渋谷区でも測定しています

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • 保護中: 静岡県掛川市の原乳

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • 保護中: 熊本乳業とは

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。