• 放射性物質検査済みの九州壱岐のお米

    福島原発事故から早や7年目になろうとしていますが、政府による原子力緊急事態宣言は解除されないまま続いています。 日頃から食べ物に気を付けて内部被ばくを避けている方々とそうでない方々の差はあるのでしょうか?

    毎日食べるお米については細心の注意を払っている方々は多いようですが、当サイトのスポンサーによりますと放射性物質検査済みの九州壱岐のお米「こしひかり」の下半期(3月-8月)の枠が3名だけ空いているとのことです。

    3月15日からの出荷にあわせて3月9日(木)まで募集中ですの、ご希望の方は下記よりお申し込みください。

    壱岐のお米「こしひかり」

  • トランス脂肪酸ゼロの食パン

    今日はトランス脂肪酸の話題をひとつあげてみたいと思います。

    パン業界にはアメリカのトランス脂肪酸規制決定の影響か、乳化剤を使用していないことを表記した食パンが数多く店頭に並ぶようになっています。しかしながら、マーガーリンを使用しているなどトランス脂肪酸ゼロとはいかないのが実態です。これらは消費者が柔らかいパンを志向していること また、菓子パンでは乳化剤を使用せざるえないことなどがあると考えられます。

    そんな中、イオンが販売するTOP VALUE グリーンアイの食パン「パン・ド・ミ」は、オリーブオイルを使用することでマーガリン、乳化剤未使用をうたっています。 つまり、トランス脂肪酸ゼロの食パンを実現したわけです。 イオンやイオン系列のスーパーで販売しているますが、トランス脂肪酸に注意を傾けるような宣伝はしていないため静かなブームになるかもしれません。

    (写真はパン・ド・ミ)

     

     

     

     

     

     

    スポンサーリンク


  • 巨大な松茸

    長野県青木村の道の駅では巨大な松茸が販売されているそうです。(9/30 テレ朝ニュース)

    販売される方も買われる方もなぜ巨大(通常の5倍)になっているのかには疑問を持たれることはないようです。

     

    青木村とは上田市の西に位置していて、青木村からは国道143号線を通って安曇野市につながっています。

    一般には長野県の土壌は汚染はないと考えられているようですが、山菜類では多くの小海町、軽井沢町、南牧村、御代田町などで実測値が測定されています。

  • 検査済み28年新米「九州壱岐のこしひかり」

    放射性物質の検査を1Bq/kg検出限界値でおこなって出荷する新米は少ないようです。 2011年以降数年にわたってこの体制を継続している”シナプス・ウォーター”では平成28年新米「こしひかり」の募集を開始されました。

    お子さまやご家族の健康に対して不安をお持ちの方は、9/10(土)までにお申し込みください。

    検査済み28年新米「九州壱岐のこしひかり」お申込み

  • 全国区の栃木米・茨城米

    西日本地方でも外食産業でのお米には東日本産のお米は使われています。 トレーサビリティ法によりお米の産地表示が義務付けされていますが、多くのお店では「当店では国産米を使用しています」の表示が多いのに気づきます。 それはブレンド米を使用しているか、または、産地を特定していないために県の産地表示ができないためです。

    東京在住の方が出張などで西日本へ行く場合に安心して口にしていても、そのお米は茨城県産や栃木県産であることは多いようです。 お店に直接聞いてみますと、島根県産や富山県産とお答えいただくこともあります。 お米の美味しさでは東日本産とお考えのお店もあって、西日本でもあえて東日本産のお米を使用されていることが多いようです。

    お盆休みで帰省されるご家庭も多いと思いますが、産地の確認は大切なことです。

     

  • 保護中: x年後

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • 保護中: 横浜市の測定(タケノコ含む)

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • 学校給食のタケノコ使用に思う

    報道によりますと5/10 栃木県宇都宮市の小学校給食のタケノコから234Bq/kgのセシウムが検出されたと問題になっています。問題は国の規制値100Bq/kgを超えているタケノコが学校給食のタケノコごはんとして提供されたことですが、市の学校健康課では「児童一人当たりのたけのこの摂取量は多くなく、直ちに健康に影響を及ぼす数値ではないと考えている」と述べています。

    当サイトでは先週から何回かに分けて千葉産や神奈川県産などのタケノコの実測値を明らかにしていましたが、栃木県で学校給食に使用されているとは驚きです。 それは、規制値の問題ではなく、タケノコからは実測値が数々明らかになっているからです。

    お子さまの健康を第三者に預けることは責任放棄にあたるかも知れません。 担当者が直ちに健康に及ぼす数値ではないと無責任な発言をしていますので、宇都宮市の保護者は声をあげて検査の厳格化を要求すべきでしょう。(現在、月に一度の簡易検査のみとのこと)

    (公開版でお届けしています)

  • 保護中: あまり役に立っていないですね

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • 保護中: アスパラガスちゃん

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。